往復書簡「まめサキ」:本性

 

でぃあ まめた君

 

おす、忙しいみたいだけど身体は大丈夫かい?

こちらはアレだ、いわゆる女子日のいわゆる身体ぐでんぐでん、加えてその直前のメンタルフルボッコ(PMS?)が抜けきらなくて、今、本日二度目のドトールでこれを書いてるよ。

 

「帰る場所」モンダイ

実を言うと、先月あたまに夫と初めて大げんかをして、夜ひとりで哀愁のチバラキに帰ったんよ。

でもねぇ、詳細はSUNAHAKO; のポストを見れば分かるけど、両親に「人間宣言」をかましたんよ。彼らの保護下・支配下から抜けて独立したひとりの人間になりますっつって。

そしたらもうね、翌朝から、親父は仕事だったけど母親ちゃんがね、もう、態度が酷い、ため息に次ぐため息、死んだような顔、私に対してはすべてを諦めたような投げやりな態度。

これはちょっとね、「もうここにはいられない!」と思うに充分な威力だったよ。

 

そんで夫と相談して東京の自宅に二人で帰って、話し合いをして、一応仲直りという形で生活しておってね。
でも、彼は不調になると、仕方のないことなんだけど、鬱々陰鬱となってしまい、もしくは不安不安涙涙とか。

そうなると、もちろんできる限りのケアはするしいい意味でスルーしようともするんだけど、

「伝染ってしまう! 避難しなくては!!」

って思ってしまうことも多くて。

チバラキの実家には、とてもじゃないけどひとりでは帰れない。
この前三日滞在の予定で大荷物かついで帰ったんだけど、滞在一時間で「ごめん、東京帰る」つってひとりで戻った。

私の帰る場所は、この東京のすみっこの部屋であるのだが、待て、夫がいる時は「ここにはいられない!」って逃げたよな?

 

じゃあ私はどこに行けば楽になれるんだ?

 

答えは出てないんだ。
実験的に今、夫は自分の実家から仕事に行ってるんだけど、部屋にひとりってのもメンタルに来る、しかもPMなんちゃらが重なってダメージ倍、一日二回ドトールに避難する有様。目も当てられない。

 

「本当の戸村サキ」とは

衝動的になっている時や、女子日前後でメンタルが落ちてる時など、「こんなの自分じゃねえ」って思うことがある。

でもさ、「じゃあおまえの本性ってどんななの?」って聞かれてもさ、わかんねーし、多分自分が理想とする自分を思い描いていて、それこそが自分だと、在るべき姿だと、思いたがってる。気がする。

「だいたいの人間は100%能力を発揮できる時間なんて少ないんだよ。
だから常に100を目指して、100以下の自分を否定することはない。
42とかでいいんだよ。最低ラインでこなしていけば充分」

チバラキの医者に言われた言葉。たまに思い出す。

 

自分探しとかそれ以前に、まあ生理はしょうがないとしてもだね、薬で明らかに「自分らしさ」を失ってしまうと、当然ながら知らない人は誤解するよね、私のことを。

それは凄く悔しいし、時には他者に多大なる迷惑をかけることになる。

 

ここまで書いてようやく気づいたんだけど、

私は自分らしさを取り戻したくて病気と闘ってるのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。